カートの中身 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

印鑑の種類とサイズ

印鑑といってもその用途でいろいろあります。

社会生活で実用的な実印、銀行印、認印のほか、書画などに使われる

落款印や雅印、遊印など美術的・芸術的・趣味的なものがあります。


当店では実用的な実印、銀行印、認印、法人(会社やその他組織・

団体)などで使用する印を扱っております。

 サイズにつきましては、 印面は10.5mm、12mm、13.5mm、15mm、
16.5mm、

18mm、長さは60mmのもの扱っています。なお、目印となるアタリのない印材を

使用しております(宝石付チタン印鑑、ステンレス球付チタン印鑑を除きます)。

チタン以外の個人印でアタリ付の印材をご希望の方はお取り寄せいた

しますのでご注文時にお申し出くださいませ。但し、お時間がかかり

ますので、予めご了承の上、ご注文をお願いいたします。

なお、簡易的ではありますが、アタリのない印鑑には㊞シールをつけて

出荷いたしております。

見出しー個人実印 

 役所に印鑑登録がしてある印のことで、市町村役場から印鑑証明が

取れる印のことです。

印鑑登録は本人が住んでいる市町村役場で行います。


印面は本人の姓名、確認できれば姓だけ、名だけでもよい
とされています。

 実印が必要となるのは、不動産売買契約書作成の時、車の登録及び

譲渡契約書を作成
する時、ゴルフ会員権の譲渡契約書を作成する時、

遺産分割協議書を作成する時、銀行融資を受ける手続き時などが

あります。 

印を選ぶ際は、大量生産の同印影の印章や消耗して印面が変わり

やすいゴム印、スタンプ、そして雅印等は登録できません。

また、本名と異なっていたり、判読しにくい印は断られることがあります

のでご注意ください。

個人銀行印イメージ

 預貯金口座の開設、取引に必要な印のこと。

 実印同様、大量生産の同印影の印(いわゆる三文判)では断られる

ことがあるのでご注意ください。

個人認印イメージ

 郵便や宅配便等の荷物の受け取りや、職場での簡易な用途に日常的に

使用される印です。

法人実印Tイメージ 

 会社の代表として捺印するもので、個人の印同様、印鑑登録してあるもの。

会社の登記手続き時や取引契約する時、所有権移転登記手続き時、

銀行融資を受ける手続き時、不動産売買契約時などに使用します。 

法人銀行印Tイメージ 

 会社が銀行取引をする上で銀行に届け出ている印鑑。

 手形決済や小切手発行の際に使用します。

 代表者印が銀行印を兼ねている会社も少なくありませんが、使用頻度

及び重要性を考慮して、区別されることをお勧めします。

法人角印Tイメージ 

 会社の認印にあたる印鑑。

 四角の印面から通称「角印」と呼ばれます。

請求書や領収書に使用する、使用頻度の高い印です。

サイズ========================

 ◎印鑑の長さには45mmの短めのものや75mmや90mmという

長めのものもありますが、一般的には使いやすい60mmのものが最も普及しています。

 当店では、60mmの長さのものを扱っています。

(なお、当店では目印となるアタリのない印材を扱っております。)

 個人印鑑の印面サイズについては、下の表を参考にしてください。

 こうでなければいけないという決められたサイズはありませんが、目安

となるものです。

サイズ表

 実印なら13.5mmから18mmの間でお選びください。

ご自身のこれからの人生の要所要所でご使用になる重要な印鑑となり

ますので、フルネーム」がしっかり収まり、印影が堂々と主張できる大きめ

サイズをお作りになることをお勧めいたします。

 銀行印なら10.5mmから15mmの間でお選びください。

 
フルネームでお作りになるという場合は大きめ15mmをお選びになると

よいです。

認印とは区別してお使いになることをお勧めしていますので、認印より

ワンサイズ上をお選びになるとよいと思います。

 認印なら10.5mmか12mmが適当です。

ページトップへ