カートの中身 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

印鑑彫刻技術

  “百聞は一見にしかず”

 ハンコワークスドットコムの印鑑彫刻技術の一部をご覧ください。

.罐法璽デザイン

  ハンコワークスドットコム独自の先進的デジタル・アナログ双方
 による印影作成により、自由度が極めて高い、ほぼ無限の
 広がりをもつ印影デザインを可能としております。
 以下をご覧ください。

松永バリエ 

藤澤バリエ

勝部バリエ    

 例として“松永”、“藤澤”、“勝部”を篆書体(てんしょたい)のみで
バリエーション
してみました。
 これは現存する“印章字林”(いんしょうじりん:印鑑の字体辞典)の
ほぼすべてを“網羅(もうら)”可能であることを示しています。
一般のコンピュータフォントのみを使用する印影デザインとは
同一書体での該当文字数、バリエーションもすべてけた違いです。
 そしてこれはあくまで基本形で、さらに書風や線質に変化を加えて
独特の印影を作成していきます。

 ハンコワークスドットコムではこのデザイン作業を10.5mm認印
といえども一切手を抜かず行います。
 このことから私共のお作りする印鑑には二つと同じデザインの
ものができ得ないことをご理解いただけると思います。
                                       

                 書体字典2

彫刻技術

  ハンコワークスドットコムの彫刻法は結論から申し上げますと、
 (超)高精度3次元機械彫刻 + 手彫り仕上げ です。

  下の画像をご覧ください。一般のコンピュータ機械彫りでは
直径10.5mmの印鑑では10文字程度が限度といわれております。
 ハンコワークスドットコムの最新彫刻技術ではそのはるか上を
 彫刻可能としております。
 (あくまでテスト彫刻としてですが、短歌を刻んでみました。)

印面拡大短歌

手彫り仕上げ

  一般にいわれている“荒取りは機械”“仕上げは手彫り”という
 概念をハンコワークスドットコムでは完全に超越しているのです。
 そこには仕上げに印刀が入る余地など微塵も存在しません。

  ですが、仕上げのための手彫り仕上げではなくて、唯一無二の
印鑑を安心してご提供するためだけに、印刀にて数ケ所彫刻する
ことにより手彫り仕上げとしています。

 ただし、誤解のないように申し上げておきます。私共は伝統
技術を否定しているのではありません。
 むしろ、“真の伝統の篆刻技術” といえるのは機械を使わない
熟練の手彫り職人による印鑑作りであると考えております。
 私共の印鑑作りではそうした伝統文化の優れた点を継承さ
せて頂き、現代の最新彫刻技術で体現させて頂いているのだ
ということをご理解いただければと思います。

ページトップへ