カートの中身 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

印鑑の材質

本柘シール入りタイトル

 柘(つげ)は木質系を代表する材質で、木辺に石と書くように、硬く、

欠けにくい特長があります。

それでいて、木目がきれいで、粘りがあり、繊細な細工に向いています。

印鑑以外には、櫛(くし)や将棋の駒、算盤(そろばん)の玉、数珠(じゅず)

の玉などに使われてきました。

他の木の印材では古くから白檀、黒檀、竹材などがありますが、木

の印鑑と言えばまず柘であり、値段の手ごろさからも定番であり、

木質系の優しさ、ぬくもりが感じられることからも根強い人気があります。

最近は、安価な輸入の柘材(アカネ等)が出てきていますが、当店では

品質の信頼できる国産の合法性薩摩柘を使用しております。

印鑑の材質:楓

 楓(かえで)は合法的に伐採された国内産の楓とカナダ産のハード

メイプルを人体に無害な樹脂で圧縮接着して作られています。薩摩

本柘とはまた違ったしっとりとした質感をもち、美しい木目調が魅力

です。また、その製法から変形が少なく、丈夫で欠けにくく、彫刻の仕

上がりもたいへんよいです。エコ印材としてグリーン購入法適合商品

であり、公共機関、大手企業から着目されていることをはじめ、今後

広く普及が期待されます。


材質@黒水牛

 黒水牛は角(つの)材を代表する印材で、東南アジアの水牛の角を

黒く染めたものが大半です。

中には染めなしのナチュラルなものもありますが、希少で高価なため、

あまりみることはありません。

特長としては繊維質のため、丈夫で粘りがあり、長期の使用に耐えます。

艶(つや)のある漆黒(しっこく)の姿は「黒い宝石」と称されるほどです。

黒一色のため、年齢、性別を問わず無難にお使いいただけます。

水牛の角の芯(しん)のとおった部分は「芯持ち」と呼ばれ、高級材です。

当店では、角材はすべて芯持ちを使用しております。

印面と反対側の丸みを帯びた面を見ていただくと、中心に小さなへこみがあります。

傷かなと思うようなものですが、それがしるしなのです。

芯にも大きい、小さいがあり、小さい方が高級材です。

当店では、芯の小さい上芯と呼ばれる材を使用しております。

なお、黒水牛の短所として乾燥や紫外線に弱く、ひび割れの出ること

がありますが、乾燥にさらされないようにケースに入れて保管するこ

とや年に一度でも植物系油で潤いを与えるという基本的な手当てさえ

していただければ長く変わらず愛用できる素材です。

材質@色水牛

 色水牛は角(つの)材で、昔取引されていた場所が旧オランダ領だ

ったことからオランダ牛とも呼ばれます。

正式には牛角(うしのつの)といいます。

これには、大別して濃い色の混ざったものと、混ざらないものがあります。

色水牛・濃色概観      色水牛・純白概観

↑濃色極上の表と裏のサンプル              ↑純白の表と裏のサンプル

※色味や柄は表示画像と実際の手元で見る場合では若干異なります。

また、同じものは一つとしてありません

黒っぽい、濃茶の混ざったものは「色」と呼ばれ、、その混色の度合い

によってランク分けされています。

濃色の混ざり方、色の出方は様々で、どれ一つとして同じ色味・柄は存
在しません。

 濃い色の混ざらないものは業界では「白」や「純白」と呼ばれ、
透明感

の度合いや淡色の中でも単一色に近いことでランク分けされています。

「白」や「純白」と呼ばれてはいても真っ白でも、象牙のようなアイボリー

色でもありませんのでご了承ください。

淡いグレーを帯びていたり、淡いクリーム色、モスグリーンがかった微

妙な色合いをしており、独特の縞文様がみられるものもあります。

やはりどれ一つとして同じ色味・紋様は存在しません。

混ざり気の少ないより単一色に近いものほど希少で高価です。

 「色」も「白、純白」も見た目の違いこそあれ、印鑑としての機能性・

品質において差はありません。

色水牛の材は濃い色、混ざった色、微妙な色合いがお好みの方で、

二つとないユニークな柄をお求めになる方におすすめです。

なお、黒水牛や薩摩本柘のように見た目がどれも同じではないため、

どのような色味、柄のものが届くのかはご指定をお受けで

きかねます。

すべて自然が作り出したオリジナルのものとして"お楽しみ"と考えてい

ただければと思います。問屋からまとめて仕入れた印材を用います

関係上、ご了解のうえご注文をお願いいたします。


色水牛はどれも芯持ち材ですので、黒水牛に次ぐ丈夫さ、耐久性があ

ります。

白・純白のものは小さな角から採られるため、色のものより硬さが若干

やわらか目となっています(印鑑として使用する上で全く問題はありま

せん)。

チタンインソウ   

 チタンはNASAの宇宙開発に利用され、その軽量性、耐久性、耐食

性、耐熱性、非磁性など多くの特性ゆえに医療関係、ファッション関係等

にも利用されています。

その特性を生かして新しい印材としても注目されています。

硬さゆえに加工は難しいのですが、自然の素材と異なり、耐久性、耐食

性等の特長に加え、印材としてゆがみやひび割れ、磨耗等の変化が

なく、捺印性は極めて高く(とにかくきれいにおせます)、品質も永久不変

といえます。

 一生以上のものとして十ニ分な価値のある

チタン印鑑です。

当店では純度99.6%のJIS2種の純チタンを使用しております。

中が空洞ではありませんので、印面サイズが大きくなるにつれ、印鑑を

持った際に他の印材に比べて適度な重量感をもたれること

でしょう。

 更に詳しい説明は
チタン印鑑について」をご覧ください。

◆当店では、捺印性が高く、耐久性も併せ持つ、チタン、

黒水牛、色水牛を主に扱っております。

ページトップへ